ビットコイン半減期を終え、なぜ今?BTCV(ビットコインボルト)なのか?

マイニング

なぜ今?BTCV(ビットコインボルト)なのか?

ビットコインが半減期を終え、
価格が上昇すると言われていますが、中々上昇しないのが現状です。
半減期後、ビットコインの採掘難易度が上がり、
既存のマイニングマシンで採掘できているのか?
というところです。
採掘できていないわけではありませんが、
マイニングによる採掘量は半分になり、マイニング事業としてはかなり難しいようです。
電気代を考慮すると、赤字になる確率と共に
事業継続するリスクが高くなります。
比べて、BTCV(ビットコインボルト)は、
BTC(ビットコイン)と同一種類(ASIC)のマシンで採掘が可能な上、
採掘難易度が低いのでコストパフォーマンスに優れています。
上記の理由により、今後、マイニング業者がこぞってBTCV(ビットコインボルト)のマイニングに参入してくる可能性が非常に高い訳です。

BTCVマイニング

 

そのBTCV(ビットコインボルト)

をマイニングできる唯一プラットフォームが
【マイニングシティー】は、昨年の春からスタート。
一時、勧誘マナーが悪い一部のユーザーのせいで、
悪いイメージが定着してしまいました。
そのため敬遠されがちの案件でしたが、よくよく調べてみると、中々素晴らしいパートナーが勢揃いしていることがわかりました。

【マイニングシティ】パートナー

MineBest
BTCV(ビットコインボルト)を手掛ける世界トップ10に入るマイニング会社
BTC.com
ジハンウー(ビットコイン長者)がCEOを務めるBitmain社が運営するマイニングプール。他に「Antpool」もある。

BTCV(ビットコインボルト)の価格

そして、気になるBTCV(ビットコインボルト)は

スタート価格 1USDから
この記事を書いている2020-7-27現在で
なんと
418.59USD
 
約418まで到達。

 

ハッシュレートとは?

ハッシュレートの上昇=参加マイナー数と比例=人気

 

(ちなみに同日のBTCのハッシュレートは105.197EHs)
価格の上昇とハッシュレートの高さからも
注目されていることが証明されています。

BTCV(ビットコインボルト)運用方法

マイニングシティでは、
BTCとBTCV(ビットコインボルト)のマイニング、2種類から選ぶことができます。
今回はBTCV(ビットコインボルト)のマイニングのため、BTCマイニングへの参加方法は割愛します。

・プライマリー $300
・スタンダード $600
・ブロンズ   $1200
・シルバー   $2400
・ゴールド   $4200
・プラチナ   $12600
旧プランに比べ、参加ハードルが低くなりました。
初心者の方は、このプライマリーから試すのも良いかもしれません。
7/27現在,
プライマリーで月利 約40%出ているようです。
今回は、例としてスタンダードプランで解説していきます。
アカウント登録
ユーザー名を半角英数字、名、性を漢字or半角英数字で入力
②メールアドレスを入力
③パスワードを入力
※10文字以上、
※英大文字、英小文字、数字、記号の中から3種使用
※ユーザー名、名、性を含めない
パスワードの設定には注意が必要です。
④個人情報ポリシーに同意するにチェック
⑤受信したメールを開き、URLをクリックして認証
アカウントの登録は以上です。
入金と運用方法

①タブがビットコインボルトであることを確認して下さい。
②BTCにて購入かBTCVにて購入を選択
※BTCVで購入するとマイニング期間が100日間プラスされます
※BTCVはCOINEALで購入可能
※初心者の方はBTCでの購入を推奨
③チェックボックス3カ所にチェックを入れ、確認をクリック
④購入プラン、ユーザー名を確認して確認をクリック
⑤表示された数量のBTCを30分以内に送金
※今回はBTCを使用
⑥着金後「Thank you for your mining〜」
というメールが受信
⑦10日後、マイニングがスタート
以上、
マイニングシティ、BTCV(ビットコインボルト)マイニング参加方法でした。
418倍まで到達しているBTCV(ビットコインボルト)ですが、600倍に達したリップルの再来とも言われています。
今後がとても楽しみなコインです。
注視していこうと思います。
※投資という性質上、利益の保証はありません。精査の上、公開をしていますが、必ずご自分でも精査の上、余剰資金で実施してください。万が一損失が出た場合、こちらでは責任を負いかねます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました