価格暴落防止アルゴリズム!?非中央集権コインマイニング【Gemini】

マイニング

 

今回ご紹介する【Gemini】は、

シンガポールのインフルエンサーから紹介された

非中央集権コインのマイニング案件です。

 

非中央集権コインといえば、、皆さんご存知のビットコインです。

そして、Geminiを立ち上げた人物は、

あのビットコイン開発者であるナカモト サトシとも関係が…。

 

 

 

実際に運用してみたのでご紹介します。

 

アプリのデモ画面がクール!Torqueと合併したEXXA walletを思い出しますね。
見習いハンター
見習いハンター

Gemini(ジェミニ)とは?

 

Geminiは、ハル・フィニー(➡ wikipedia)によって立ち上げられ、

6年間にわたって匿名によって完成された新しいフィンテックエコシステムです。

ハル・フィニーは、最初期のビットコインユーザーであり、ビットコインプロトコルの作成者であるサトシ・ナカモト[1]から世界で最初のビットコイン取引を受けた人物。(wikipediaより抜粋)

 

ジェミニは、生態学的建築とフィンテックの概念、そして理想的な社会的信頼の形を表しています。

 

また、Geminiは多次元の第4世代ブロックチェーンテクノロジーグループです。

ソーシャルの基礎となるオペレーティングシステムを信頼するテクノロジーコレクション
のボトムレイヤーとしてのブロックチェーンであり、

5G、AI、VR、BigDateなどを組み合わせることができます。
テクノロジーであり、信頼できる社会的基盤となるオペレーティングシステムです。

 

CGC と LGC 2つのコイン

Geminiは、日本語で双子という意味です。

 

その名のとおりGeminiは、

・CGC

・LGC

の2つのコインから成り立っていますが、各コインの特徴は異なります。

 

【CGC】
  • ジェミニエコシステムの個人の株式証明書として使用され、保有者は投票、意思決定、配当などを行うことができる
  • 発行枚数: 21億枚
  • スタート価格 : 0.5USD ➡ 1.357USD (10/5現在)
  • 上場先:Gemsex

 

【LGC】
  • 交換の媒体、価値のストア、繰延支払の標準、および勘定単位として使用される
  • 発行枚数: 2.1億枚
  • 毎日の生産 : 172,800 ➡ 80%をマイナーに分配
  • 60ブロック日ごとに、生産量が5%減少
  • スタート価格 : 1USDT ➡ 6.19USD(10/5現在)
  • 上場先:Biki、Coincodex、Gemsex

 

必読!Geminiの優位性

Geminiは独自のアルゴリズムにより、

CGCの価格の上昇と暴落を防ぐことができます。

 

中央集権型コインのように会社の支配下になく、

非中央集権であり、スマートコントラクトによってLGCの価格は保護されます

 

また、世界的なオープンソースコードであるGithubでソースを公開しています。

 

 

 

〈CGC変換タワー〉

合計50レベル、各レベル41,749,937.31 CGC

各レベル:212ラウンド

各レイヤーの最初のラウンド:225,000 CGC

第1層の最初のラウンドの価格は0.5米ドルで、CGCの価格は各レベルの終わりに50%上昇
し、0.75米ドルになります。

 

2番目のレイヤーの最初のラウンドの価格は0.75USD、2番目のレイヤーの最終価格は
1.125USD、というように続きます。

 

変換タワーの開閉取引所のCGC価格が変換タワーの価格よりも低い場合、変換タ
ワーは閉鎖されます。価格の暴落を防ぐことができる

※LGCの価格は、スマートコントラクトにより保護

 

CGC’s value algorithm:

P=0.5*[1.5^(N-1)]*[(n+31)^(1/5)]/2
(N is the number of exchange periods, n is the exchange round).

The supply algorithm for each round:

Q=150000*[(213-n+31)^(1/5)]/2 (n is the exchange round)

 

 

BTCハンター
BTCハンター
変換タワーとスマートコントラクトにより、価格の暴落を防ぐことができるようです。ソースコードの解析依頼を出しました。

 

Geminiの特徴と優位性まとめ

  • 非中央集権型
  • GitHubで透過的なオープンソースコード
  • デュアル(2種類)クリプトの獲得
  • アルゴリズムによりCGC価格は着実に上昇
  • アルゴリズムにより価格の暴落を制御
  • スマートコントラクトによって保護されたLGCの価値
  • 新しいブロックチェーン時代のブロックチェーン4.0
  • Gemini2.0スマートコントラクトをアップグレードする

 

登録と運用方法

登録と入金方法

 

1.Geminiアプリをダウンロード ➡ https://www.geminies.club/download/app.html

2.画面右上、Englishを選択

3.日本語を選択

4.ウォレットを作成を選択

 

 

5.ニーモニックを控え、順に入力する

※必ずニーモニックは控えて、紛失しないように大切に保管して下さい

6.希望のUSDTで入金

オススメは、TRC20。送金手数料が無料のところが多い。

※矢印部分でアドレスをコピーできます

アカウントを有効化するため、10CGCが必要となります。運用希望額プラスαで入金して下さい。

 

アカウントの有効化

 

 

まずは、入金したUSDTをCGCへ変換します。

1.下メニュー【換金】を選択

2.レートに従い希望数量のUSDTを入力し、確定を選択

3.下メニュー【ウォレット】を選択し、画面下部【認証して鉱場をオープン】を選択

4.3Sコード【FB4UUADCFF6LEZDZVJFW2231】を入力し、チェックボックスにチェックを入れ、認証を行うを選択

 

 

運用プラン

 

月利6%〜12% + キャピタルゲイン

・運用最少額 ➡ 100CGC ※アプリでレート確認可

・入金可能通貨 USDT omini / erc20 / trc20

 

 

報酬制度

BTCハンター
BTCハンター
少し複雑な紹介報酬制度です。詳細は、随時更新する予定です。

 

 

・アクティベーションに使用される10CGC

➡ ダイレクトスポンサーへ60% & 残りの40%は他8人(1人=5%)のアップラインへ

 

・第一層は、9アカウントまで

➡ 10個目から、二層へ。以降、繰り返す。

 

・ダイレクトスポンサーのノードパワーの20%を受け取ることができる

➡ ダイレクトスポンサーが上位プランであれば、受け取る恩恵は大きい

 

 

 

筆者の考察

ハルフィニーについて調べてみると、実在したのは確かのようで、

ナカモトサトシの失踪後、ビットコインの開発に着手した最初の人物です。

(ちなみにナカモトサトシは、ビットコインの僅か15%しか開発していなかったようです。)

 

しかし、肝心なGeminiとの関連性を示すソースは、今のところ発見できていません。

 

プラスの判断材料としては、

Githubで公開されているソースコードは素人目ながら、

本物のように思えることと(解析依頼中)、

非中央集権型であるため、会社による幽閉、ロックの心配がないことです。

 

暴落リスクを防ぐためのソースコードが本物だった場合、確実に増資します。

 

 

CGC,LGCの上場先もいくつかあり、

いまだ現役の配当型ウォレット【Torque】の発信元からの紹介なので、信頼度はそこそこあると思っています。

 

※投資に絶対はありません。必ず余剰資金、自己責任でご参加下さい。万が一、損失が出てもこちらでは責任を負いかねます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました